HOME > ごあいさつ

地域発の臨床研究指導・サポートを私たちがバックアップいたします。

東北大学病院長

 本院は、平成26年、「コンダクター型総合診療医」養成プログラムを立ち上げました。本プログラムは、文部科学省の「未来医療研究人材養成拠点形成事業」の一環として行うもので、東日本大震災の被災地を含む地域病院に必要とされている総合診療医の育成を目的としています。
 これまで、キャリア形成の不安から地域医療従事をためらう若手医師の多いことが、地域医療人の人材育成にとって大きな課題でした。これを解決するため、東北大学病院と地域病院とが緊密に連携し、新たな総合診療医の教育体制の構築を図ります。本プログラムを足がかりとして専門医取得などのキャリア形成が可能な新たな医師教育体制が整備されれば、地域医療を担う若手医師を多く育てることが可能となるでしょう。その結果、宮城県の地域医療、ひいては崩壊しつつある本邦の地域医療の回復が期待できます。
 本院は、全国医学部附属病院長会議において地域医療担当となっており、本事業も全国の地域医療支援体制モデルの一翼を担うと期待しています。
 関係各機関の方々のご支援をお願い申し上げます。

八重樫 伸生

東北大学病院長

八重樫 伸生

医学系研究科長・医学部長

 本プログラムは、東北大学と地域病院との緊密な連携に基づき、新たな総合診療医の教育体制を構築することを目的としています。地域医療診療医を志望する後期研修医と地域医療に従事する医師に対して本プログラムを実施し、大学発の教育コンテンツを提供することにより、拠点病院と地域をつなぐ、医療と介護をつなぐ、医療と福祉をつなぐ高度医療と地域をつなぐ、そんなコンダクター型総合診療医を養成します。
 地域医療が真に復興するためには、地域医療を実践しながら学位や専門医取得、論文発表などのキャリア形成が可能な教育支援を、本事業終了後も継続的に提供可能とするシステムを整備することが重要です。本研究科も、大学病院と十分な連携体制をとりながら、この事業の教育カリキュラムの一翼を担います。
 本プログラムを通して、急速に進行する超高齢社会等の社会構造の変化に対応した新しい地域医療提供体制の構築および環境整備を行い、我が国の地域医療の復興・発展に寄与していく所存です。

下瀬川 徹

医学系研究科長・医学部長

五十嵐 和彦

現場にいながら先端医療の知識や技術に触れ、臨床研究が可能です。

各拠点長

齊藤 稔哲

気仙沼市立本吉病院 院長

齊藤 稔哲

 重篤な病気や稀な病気への適切な対処を実践する活動と、人・家族・地域に密着して、重篤な病気の発症を防いだり、その人らしい生き方を支援する活動が、役割分担・協働することで医療は更に充実します。
 コンダクター型総合診療医とは、地域に根ざして、自分だけでなく、関係者の力を総動員して、地域の課題に対処する医療人を指します。
 このプログラムで、私たちは地域医療の現場を提供します。大学は最新の臨床医学や臨床研究の知識や技能を提供します。東日本大震災で大きな被害を受けたこの地から、新しい医療の形を共に創っていきましょう。

長 純一

石巻市立病院開成仮診療所 所長

長 純一

 東日本大震災では石巻医療圏は最大の被災地となり、地域医療も大きく傷つきました。加えて仮設住宅団地が立ち並び、地域コミュニティの再構築が迫られ、住環境の劣化も相まって、地域医療の再構築とともに多職種連携による地域包括ケアのニーズはますます高まっています。
 このプログラムは、今まさに石巻で必要とされている地域包括ケア調整能力と高い臨床能力をもつ質の高い総合診療医を地域と東北大学が一体となって育成する画期的なプログラムです。
 現場に根差した本物の総合医を目指す若手医師のみなさんが一人でも多く参加されることを希望します。

小幡 篤

みちのく総合診療医学センター センター長

小幡 篤

 我々は家庭医療専門医育成の学会認定プログラムを設立し県内初の専門医を誕生させてきました。臓器別専門医療・研究が中心となる大学で総合診療医を育成することは難しいことですが、医療現場でのニーズが非常に高い総合医の育成は極めて重要な課題であり、東北大学がこの課題に本格的に取り組むことは大変意義深い画期的なことであり、頼もしく感じています。総合医の育成には地域に
密着した医療現場での研修が必須ですので当センターとしても本事業に最大限協力していきます。若い多くの力が結集してくれることを大いに期待しています。

東北大学 コンダクター型総合診療医  養成プログラム | 文部科学省補助金事業(平成25年度選定)「未来医療研究人材養成拠点形成事業」 ページトップ