HOME > メッセージ

先輩医師からのメッセージ

岩本 隆志

気仙沼市立本吉病院 後期研修医

岩本 隆志

 日々の業務の中でも、様々な疾患に対し、初期の診断治療を行い、専門医へ適切に治療を引き継げる医師が、地方では特に必要だと感じます。 日々の業務や様々な研修を通して、少しでも患者さんにとっても望ましい選択ができるように成長出来たらと考えています。

岩本 隆志
佐藤 寿和

石巻市立病院開成仮診療所 医員

佐藤 寿和

 地域に住む患者、家族、そして地域全体を幸せにしていくために何ができるか?様々な人生を歩んできた方々と悩み、考え、行動する。大切なことは医療の枠の外側に存在していることも。良い診療をするのは最も難しいが、いい加減にするのは最も簡単な診療科、それが総合診療です。

佐藤 寿和
遠藤 広章

みちのく総合診療医学センター  後期研修医

遠藤 広章

 患者中心の医療を提供しつつ、患者さんとその家族にとってよりよい生き方、またよりよい最期を迎えられるために少しでもお手伝いが出来るような医師を目指して「家庭医療・総合診療コース」で後期研修中です。

遠藤 広章

「大学と地域の施設との連携」

プログラム推薦者より

 東北大学が平成25年度からスタートさせた「コンダクター型総合診療医」養成プログラムは、以下に挙げる3つの大きな特徴を備えた画期的なものである。

1.地域の施設を研修の現場とする実践プログラムであること

これまでの医師養成は大学の医局に所属するスタイルが主体であったが、本プログラムは宮城県内の多施設で診療しながら、研修していくプログラムである。したがって本プログラムの受講生は宮城県の地域医療のニーズを肌で感じながら研鑚しうるのである。

2.キャリア形成のために東北大学と連携していること

地域の施設だけでの研修では、かつての自治医大の医師達が経験した苦悩、すなわち、医師自身の家庭(特に子供の教育)の問題や将来のキャリア形成への不安が大きな障害となる。これを払拭するために宮城県の地域の施設と東北大学が連携して医師養成を行うこと、特に研究者としての総合医の道を切り開くプログラムでもある。

3.ITを活用し、地域の施設で診療しながら単位修得が可能であること

宮城県内の地域の施設で診療しながら、ITを活用して履修が可能な体制が構築されたので、研修生が単位修得のために長距離を移動することなく履修できる。

 本プログラムは、大学だけが臨床教育や研究を行ってきた時代から、大学と地域の施設とが連携して行う時代へ進化していくきっかけとなり、必ずや災害後の宮城県民が求めている総合医を養成するものになるであろう。

寺澤 秀一

福井大学医学部
地域医療推進講座教授

寺澤 秀一

地域医療の未来を担う人材を募集しています。

プログラム事業責任者より

 東日本大震災を経て、地域医療の再構築が求められる東北地区においては、医療体制の整備とともにこれらを構成する、その地域の医療の現状・連携体制を熟知した医師を多層的に育成する必要があります。なかでも、地域において総合的な臨床能力に加え、多職種と協働して地域包括ケアを円滑に進めていく現場調整力を持つ地域病院の総合診療医を養成していくことは大変重要であると考えています。また同時にこれからの地域病院の総合診療医は、その地域の特性に深く関係しながら、これに合った形で形成されていく地域医療の在り方を探求し、未来に向けて提言できるような人材であることも求められています。
 そこで長年にわたり東北地区の地域医療を守り続けていた東北大学は、このたび、このような医療人の育成を目的とした「コンダクター型総合診療医」養成プログラム事業を開始することといたしました。先進医療の提供と研究を本務とする大学病院や医学系研究科中心の従来型の医師教育システムでは、上記のような地域包含ケアを指導する医師の育成はなかなか難しいことから、本プログラムは、日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療後期研修プログラムを有する学外医療施設を地域教育拠点(当初は3施設)に指定しました。受講者である医師は地域にいながら専門医や学位取得などキャリア形成およびスキルアップが可能となるため、若手医師にとって十分に魅力ある教育プログラムとして多数の若手医師の受講が期待できます。このようにキャリア形成を担保した、大学と地域が一体となった教育プログラムを推進することで地域医療に必要な総合診療医を育成し、東北地区の地域医療の復興・発展に寄与していきたいと考えております。

石井 正

総合地域医療教育支援部 教授

石井 正

東北大学 コンダクター型総合診療医  養成プログラム | 文部科学省補助金事業(平成25年度選定)「未来医療研究人材養成拠点形成事業」 ページトップ