HOME > プログラムについて

プログラムのコンセプト

奏でよう、地域医療の未来。

地域医療の未来を奏でる“指揮者”(コンダクター)を育成する
大学病院と地域病院とが一体となった総合診療医教育プログラム

いま求められている地域医療の医師像とは何でしょうか。

病院と地域をつなぎ、医療と介護をつなぎ、医療と福祉をつなげる―
そういった能力を持つ“指揮者”(コンダクター)のような医師の育成が急務と考えます。

また、地域における医師不足の解消も、地域医療に求められる課題の一つです。
キャリア形成に対する不安から地域医療への従事をためらう医師が多い現状を
改善しなければなりません。

地域に寄り添った医師の育成と、その医師への適切なキャリア形成をサポートすること。
この課題を、大学病院と地域病院が連携することで解決できると私たちは考えています。

最新の医学・医療知識を持ち、かつ地域包括ケアを統括するためのリーダーシップを発揮し
地域発の臨床研究を推進できる医師を育成する―
“指揮者”(コンダクター)型医師の育成によって、
私たちは東北の地域医療の発展に貢献していきます。

プログラムの概要

大学病院と地域病院との緊密な連携に基づいた新たな医師教育体制を構築します。

東北大学

受講生 地域教育拠点

最新の医療知識・技術を伝授します

地域医療の最前線にいる医師にとって、up to dateな医療情報を学んだり、医療技術を習得することは容易ではありません。
本プログラムでは、東北大学の内科、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、眼科、救急科などの専任教官に加え、寺澤秀一先生(福井大学)、藤沼康樹先生(医療福祉生協連家庭医療学開発センター)、井上和男先生(帝京大学)、佐藤元美先生(一関市国民健康保険藤沢病院)など学外の著名な講師陣が現場に出向き、あるいは医療情報ネットワークやいつでもどこでも何度でも受講可能なインターネット録画講義を活用して総合診療の現場に必要な最先端の医学知識・技術を伝授します。

地域発の臨床研究を応援します

総合診療医がキャリアを形成し、かつ医学の発展に寄与するためには臨床研究発表を行うことは非常に重要です。数多くの研究成果をあげ、「研究第一主義」として知られている東北大学の教官による「研究デザイン入門」や「医学統計学入門」などのインターネット録画講義や、Practice based researchを提唱し、地域の日常診療で生じた疑問をテーマとした研究を数多く発表されている帝京大学の井上和男教授が、研究のイロハから直接現場で親身に指導する「教育拠点臨床研究実習」など、多彩な臨床研究サポートカリキュラムを設けました。

プログラムの特色(新規性・独創性)

東北大学と地域病院とが一体となって総合診療医教育を実施します。

東北大学、宮城県及び宮城県医師会が
共同運営する医療情報ネットワークを活用

大学と地域教育拠点とが連結することにより、
現場にいながらにして先端医療に関する知識・技術や
医療マネージメントの教育を行う

臨床研究を実施するための直接的な
指導・支援を行う

現場にいながらの臨床研究が可能

地域教育拠点での教育
(日本プライマリ・ケア連合学会・
家庭医療後期研修プログラム認定施設)

現場での総合医療と介護・福祉の
実践的調整トレーニング、医療マネージメント学習を
実施・家庭医療専門医取得が可能

対象者とコース

対象者

地域教育拠点に勤務する医師または後期研修医

※気仙沼市立本吉病院/石巻市立病院開成仮診療所/みちのく総合診療医学センター/
  石巻赤十字病院/東北大学病院

インテンシブコース(3年)

平成26年4月開講

○東北大学や地域教育拠点で行われるプログラムに参加。

○スキル・アップ、キャリア・アップを目指します。

  • 受入れ目標人数 7名/年
  • 受講者数18名(平成27年7月)

大学院社会人入学コース(4年)

平成27年4月開講

○地域教育拠点での後期研修と同時に東北大学大学院に
 社会人入学。

○家庭医療専門医と医学博士の取得が可能です。

  • 受入れ目標人数 1名/年
  • 平成27年度 入学者数1名

目指す医師像

患者に対し高度医療の要否を判断できる「患者トリアージ能力」と、
地域で多職種と協働できる「地域包括ケア調整能力」の2つの能力を身に付けていきます。

コンダクター型総合診療医 | リサーチマインドをもった総合診療医を要請

期待されるアウトカム

「患者トリアージ能力」「地域包括ケア調整能力」「キャリア形成」の3つを柱に
総合診療医の成長をサポートします。

先端臨床医学教育 実践的臨床トレーニング
医療マネージメント教育

医療・福祉・介護マネージメント学習

福祉・介護の現場での実習/
調整経験

多職種連携

地域発臨床研究支援・指導・施行

大学院社会人入学

学位取得

東北大学からの教育

地域発臨床研究支援・指導・施行

日本プライマリ・ケア連合学会・
家庭医療後期研修プログラム終了

「家庭医療専門医」取得

地域教育拠点での教育

患者トリアージ能力

地域包括ケア調整能力

キャリア形成

地域教育拠点

日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療後期研修プログラムを有する医療施設を
地域教育拠点に指定しています。

気仙沼市立
本吉病院

〒988-0382
宮城県気仙沼市本吉町津谷明戸222‐2
TEL:0226-42-2621
Facebookページ

石巻市立病院
開成仮診療所

〒986-0031
宮城県石巻市南境字新小堤25‐1
TEL:0225-23-3200
ホームページ

みちのく総合
診療医学センター

〒985-8506
宮城県塩釜市錦町16-5
TEL:022-361-7033
ホームページ

石巻赤十字病院

〒986-8522
宮城県石巻市蛇田字西道下71番地
TEL:0225-21-7220
ホームページ

東北大学病院

〒980-8574
仙台市青葉区星陵町1-1
TEL:022-717-7000
ホームページ

東北大学 コンダクター型総合診療医  養成プログラム | 文部科学省補助金事業(平成25年度選定)「未来医療研究人材養成拠点形成事業」 ページトップ